免責条項

在日ロシア連邦大使館(以下、ロシア大使館という)と、(有)Interlink Serviceは、ロシア渡航を希望する日本およびその他の国籍の個人からロシアビザ申請書の受理・処理し、ビザが貼られたパスポートの引き渡しなどのサービス提供について契約を締結しました。

(有)Interlink Service は、子会社であるINTERLINK JAPAN LLC (以下、INTERLINK JAPAN LLCという)を日本における上記サービスの提供者として任命しました。

なお、日本に拠点を置くロシアビザセンターでは、ロシア大使館の許可に基き、ロシア大使館の代理として、INTERLINK JAPAN LLCがロシアビザ申請書の受理・処理し・ビザが貼られたパスポートの引き渡しなどのサービスを提供します。

INTERLINK JAPAN LLCは以下の範囲においてサービスを提供し責任を負います。

  • 申請者からパスポート、作成済の申請書、添付書類(以下、書類という)、およびそれに対応するビザの発給料金とサービス料金を受け取る;
  • 申請者に代わって上記の書類をロシア大使館に提出する;
  • ロシア大使館による書類の審査後、申請者のパスポートおよびその他の書類を受け取り、これらを申請者またはその代理人に直接引き渡すか、申請者が指定した住所に郵送または宅配便で送付する。場合によって、ロシア大使館はビザセンター経由ではなく、書類を申請者に直接送付する場合がある。

INTERLINK JAPAN LLC は申請者に対して以下の通り通知します:

  1. ビザ発給料金の支払は、ビザの取得を保証するものではありません。ビザ取得に関する決定は、ロシア大使館が行います。
  2. INTERLINK JAPAN LLCおよび同社の従業員は、申請の審査、その期間および結果に対して影響を一切及ぼすことができません。
  3. ロシアの外交機関によるビザ申請の審査期間は4日から20日までです。場合によって、この期間は短縮または延長される場合があります。審査結果が出るまで、申請者のパスポートはロシア大使館が保管します。
  4. ロシア大使館は、申請者に対する追加書類の要求、申請者の面接実施、ビザ発給の拒否をする権利があります。
  5. ビザ取得のための書類の記入ミスまたは改ざん、および書類不足は、ロシア大使館によるビザ発給の拒否を招く可能性があります。
  6. ビザ発給が拒否された場合、申請者が申請を撤回した場合、ビザ発給の審査結果にも関わらず、申請者がINTERLINK JAPAN LLC に対して支払った発給料金およびサービス料金の払い戻しはできません。
  7. 事故、第三者の不法行為、自然災害(不可抗力)、INTERLINK JAPAN LLCが予測または克服できないその他の理由により、申請者の書類が紛失した場合、INTERLINK JAPAN LLCはその責任を負うものではありません。
  8. インターリンクジャパン合同会社はビザに記載されている印字内容に一切の責任を負いません。申請者とその代表者はパスポートを受け取った際に、ビザの記載内容(個人情報、ビザの有効期間、ビザの種類)を直接ご自身でご確認していただく必要があります。ビザ、もしくはビザ申請書の記載内容に誤りがある場合は直ちにインターリンクジャパン合同会社の職員に連絡していただく必要がございます。パスポート受け取り後にビザの記載内容の不一致などが見つかった場合の苦情等は受け付けておりません。

プライバシーポリシー

INTERLINK JAPAN LLC

1. INTERLINK JAPAN LLCについて

INTERLINK JAPAN LLCは、(有)Interlink Serviceというロシアに本社をおく企業の子会社であり、日本で登記された企業です(法人番号0104-03-019860)。(有)Interlink Serviceと在日ロシア連邦大使館(以下、ロシア大使館という)とは、ロシア大使館の代理として、日本におけるビザ申請サービスの提供について契約を締結しました。(有)Interlink Service は、INTERLINK JAPAN LLCを日本における上記サービスの提供者として任命しました。

当社は、ビザ申請に必要な書類の受理・処理・大使館への引き渡し業務を行うのはもちろん、申請書の記入、郵送による申請および受領、書類のオンライン確認、住宅または職場での書類の受理、医療保険の加入、送迎車の予約、コンシェルジュサービス、通訳サービス、当社または当社が信頼するパートナーが提供するその他のサービスも提供します。上記の追加サービスはオプションであり、お客様がご自由にお選びいただけます。

お客様がビザの申請及び/または追加サービスをご利用される場合、当社はお客様の個人情報を収集・利用・処理します。

2. 個人情報保護ポリシーの適用

個人情報保護ポリシー(以下、保護ポリシーまたは本ポリシーという)は、お客様の個人情報の収集・利用・処理に対して適用されます。当社は、お客様が当社のサービスをご利用される際、お客様の個人情報の収集・利用・処理を行います。本ポリシーは、当社が事務所・ホームページ・コールセンター・電子メール・郵便を通じて提供するサービスに適用されます。

3. 個人情報の処理

3.1 事前予約

当社の事務所にお越しになる前に当社のサイトで予約をする際、お客様の氏名、生年月日、パスポートの番号/発行日/有効期間、電話番号、メールアドレスを入力しなければなりません。お客様が予約の変更、書類の提出、あらゆる理由で当社へ連絡を行うたびに、当社はお客様からいただいた個人情報を処理します。

この情報は第三者に開示されません。しかし、法律に基づく義務を履行するにあたって、当社はお客様の情報を法執行機関または他の政府機関に開示することがあります。

お客様が事前予約のために提供した情報は、ロシアビザセンターを訪問する日まで保管され、その日の夕方に削除されます。

3.2 書類の提出、オンライン確認、郵送による申請と受領、その他の追加サービス

当社の事務所での書類を提出する場合、および/または追加のサービス(書類のオンライン確認、郵送によるビザの申請、SMS通知、郵送による受領またはその他の追加サービス)をご利用する場合、お客様は個人情報(氏名、パスポートの番号/発行日/有効期間、写真、連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)を提供しなければなりません。

当社は、お客様から提供されたデータを、ご利用のサービス内容に基いて以下の義務を履行するために使用します:ビザ申請に必要な書類の受理と処理、書類のオンラインまたは通常確認の結果に関する通知、書類の返却、パスポートの受け取りに関する通知、その他の追加サービスの提供。これらのサービスを提供するにあたって、当社は、電子メール、SMS(該当するサービスをご利用の場合)、または電話を通じて、お客様への通知、宅配便または郵便による書類の送付、その他の追加サービスの提供を実施します。郵送サービス、SMS通知、およびその他の追加サービスには、第三者が提供するサービスが含まれます。当社は必要に応じて、これらの第三者にお客様の名前と連絡先の詳細を開示します。上記の作業は、お客様にサービスを提供することを目的としています。

お客様は、支払をオンラインで行う場合、支払を完了させるために上述の個人情報に加えて支払情報(例えば、カード番号と有効期限)も提供しなければなりません。このデータ(特に名前、住所、メールアドレス、IPアドレス)は、入金確認およびご注文の処理を行うために、当社指定の支払サービスプロバイダに転送されます。

ビザ申請・書類のオンライン確認・郵送による申請及び受領・及び/またはその他の追加サービスを利用するにあたってお客様が提供した情報は、サービス品質管理を目的に、サービス提供の終了日より1ヶ月間当社で保管されます。法律に基づく義務を履行するにあたって、当社はこの情報を法執行機関または他の政府機関に開示することがあります。

3.3 コンタクトセンターとお客様サポートサービス

INTERLINK JAPAN LLCはお客様をサポートすることを目的にあらゆる方法を利用できます。お客様をサポートするために、当社はお客様を特定できる個人情報を処理します。お客様が電話、郵便または電子メールを通じて当社に連絡するときに、当社はサービスに関する質問、依頼またはご意見に対して対応いたします。

お客様がコンタクトセンターまたはサポートサービスへ問い合わせた後、当社は、対話の記録など、お問い合わせ内容を調べることができます。これは当社が提供したサービスの品質を管理するために行われます。このため、お客様の名前、連絡先などの個人情報の処理が行われます。

カスタマーサポートを目的に提供された情報は、サービスの品質を管理するために、問い合わせがあった日から最大1ヶ月間当社で保管されます。

当社は、コンタクトセンターおよびカスタマーサポートサービスの機能を外部の機関に委託できます。この場合、お客様の情報は第三者によって処理されます。また、法律に基づく義務を履行するにあたって、当社はお客様の情報を法執行機関または他の政府機関に開示することがあります。

4. 個人情報の開示

当社はマーケティングを目的にお客様の個人情報の使用、同目的で第三者への提供を行いません。当社は次の場合に限って個人情報を第三者に提供できます:

- 当社は、お客様が利用する追加サービスには第三者が提供するサービスが含まれる場合、お客様の個人情報をその第三者に提供できます。

- 当社は、本ポリシーに定めた目的で情報を処理するまたは当社に代わって、当社の指示の下で情報を操作する第三者サービスプロバイダにお客様の個人情報を提供できます。

-裁判所または権限のある当局が個人情報の提供を請求した場合、または法律上で必要である場合、当社は個人情報を提供できます。

お客様が個人情報の提供を断った場合、当社はサービスを提供できません。

5. お客様の権利

お客様は、当社で保管されているお客様の個人情報へのアクセス、修正、アクセス制限、および削除を要求でき、その情報のコピーを機械可読形式で取得できます。個人情報の処理依頼およびアクセス要求は、下記の連絡先までお問い合わせください。

お客様は個人情報の処理に対して異議を申し立てることができます。当社が上述のようにお客様の個人情報を法的な理由に基いて処理する場合、お客様はこれに対して異議を申し立てることもできます。しかし、当社がお客様の個人情報の処理が法的理由に基き行われることを証明できる場合など、上記の権利は、制限できます。

当社は、お客様に対するサービス提供(契約締結および履行)、そして法律の遵守を目的に、お客様の個人情報を必要とします。従って、お客様による個人情報の提供は必須です。お客様がそれらの個人情報を提供できない場合、当社はお客様に対するサービスの提供、お客様との契約締結、契約上の義務履行を行うことができません。

6.外国に対する個人情報の提供

上記の場合、当社は、お客様に対するサービスの提供を目的に、お客様の個人情報を国内および/または国外にある第三者に提供できます。 個人情報は、企業規則の条項、EU標準契約の締結によって情報提供の安全性が保証される場合、または個人情報を受け取る側がEU-USデータ保護基準に従って認定されている場合にのみ提供されます。

7. 本ポリシーへの修正と追加

当社のホームぺージでは本ポリシーの最新版が掲載されています。 本ポリシーは予告なしに変更または更新されることがあります。

現在のバージョン、あるいは本ポリシーの修正/追加箇所に異議がある場合、当社が提供するサービスの利用を中止してください。

8. 管轄裁判所と準拠法

本ポリシーは日本の法律に準拠し、解釈され、日本裁判所の管轄権に服します。

9. お問い合わせ

個人情報の処理および本ポリシーについてご質問がありましたら、当社へお問い合わせください。お問い合わせは以下の連絡先までお願いします:電子メール:data.protection@interlinkservice.ru

住所:〒107-0052、東京都港区赤坂1丁目3-5、INTERLINK JAPAN LLC、個人情報保護係

INTERLINK JAPAN LLCとの間に個人情報にかかる問題が解決できない場合、個人情報保護機関に対して異議申し立てを行うことができます。日本における個人情報保護機関とは、個人情報保護最高責任者です。

発効日: 2019年4月1日/ 更新日:2019年4月1日